★くらよしたうんうぉーかー★ くらよしたうんうぉーかー
倉吉ブログ*2へ

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
管理人への連絡フォーム

アクセスランキング
ARCHIVES
CATEGORIES


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 4月の壁紙カレンダー | main | 道の駅「レストinだいば」のランチ・ヴァイキング >>
橋田邦彦先生の碑にサクラ咲く
クリックして大きな画像を見る
打吹公園の一角にあるこの碑をご存知だろうか。
成徳小学校卒の文部大臣、橋田邦彦(はしだくにひこ)先生の顕彰碑である。
鳥取県が生んだ傑出した医学者、教育者、そして思想家。
その思想・精神を尊敬し、彼を慕う医学者、教育者は全国に数多い。

この顕彰碑が建てられたのは昭和36年(1961)。
早川前市長のお父さんが市長の時ですね。
古い碑なのにいつも綺麗なのは、
先生を慕う方々がきちんと磨かれているからであろうか。
『學道不二、悠悠自適、唯従自然』は
道元禅師の思想に私淑する橋田先生のモットーである。

書は菅楯彦(すがたてひこ 1878〜1963)、菅楯彦のことはまたの機会に・・・

Google〜『橋田邦彦』

↓「ポチポチ運動」よろしくお願いします。
人気ブログランキング>地域情報>中国地方のBlogがいっぱい。 にほんブログ村 トラコミュ 倉吉へ にほんブログ村-鳥取情報満載Blogへ直行!倉吉ブロガーも増殖中です。

↓サクラ咲く。橋田邦彦先生の写真。
クリックして大きな画像を見る
碑の上に早咲きの桜が咲いていました。
じつはこのサクラ、倉吉在住さんのブログで知りました。
素晴らしい写真なのでぜひご覧下さい。

橋田邦彦夫妻と養女恵美子さん(「羽合町史・後編」より)
橋田邦彦夫妻と養女恵美子さん(「羽合町史・後編」より)

橋田邦彦(はしだくにひこ)
 明治15年(1882)鳥取市漢方医藤田謙三の二男として生まれる。
 1才の時、倉吉市研屋町に移住。成徳小学校、鳥取中学、第一高等学校卒業。
 15才の時、長瀬村(現湯梨浜町)橋田家の養子に迎えられる。
 あと詳しい略歴は↓こちらで
橋田邦彦-Wikipedia

近衛第2次内閣で懇願され文部大臣になり、東条内閣になっても留任。
日本は橋田の本意に反して戦争へ突入。昭和18年退官。
ただし敗戦時、GHQに戦犯指名され、
「勝者による不公平な裁きは受けない。」と自決した。

戦犯であったことを鳥取県や倉吉市の教育関係者がどう思ったか知らないが
この偉大な人物のことを鳥取県人、倉吉市民は
もっと知り、子どもたちに伝え記憶にとどめておくべきだと思っている。

橋田邦彦先生のことは「倉吉市史」にはその記述はほとんどなく、
「羽合町史・後編」に14ページにわたって詳しく述べられている。
※倉吉図書館で借りられます。
| オブジェなもの | 22:04 | comments(5) | trackbacks(0) |
コメント
成徳小卒ですが、橋田先生のことは少しですが習った記憶がありますよ。
| ちんねん | 2008/03/18 11:29 PM |
> 管理人様

突然のコメント失礼いたします。
橋田先生のことが採り上げられておりましたので、覗いてみました。以前、この先生のことで、論文を書いたものですから。桜も綺麗ですね。今朝は、素晴らしい記事を拝読できて幸せでございました。合掌
| tenjin95 | 2008/03/19 6:20 AM |
>ちんねんさん
成徳小卒のかたは勉強したそうですね。
今はどうなんでしょう。知らない子ばかりのような。
習ったけど印象がなくて記憶にないのか?
全市的に教えたらと思いますね。

>tenjin95さん
コメントありがとうございます。
そうでしたか・・・論文に。
それはおくわしいでしょう。
また機会あれば、貴ブログでも書いてくださいね。
| あと | 2008/03/19 6:15 PM |
東中出身で、成徳小出身ではありませんが、成徳小
出身の同級生はよく話してましたね。

数年前、中原中也賞を受賞された、宋さんも記念の橋田賞を受けておられたのではないでしょうか。

歴史教育は大事ですよね。


| ouji rugby | 2011/07/20 3:46 AM |
>>ouji rugbyさん
超遅いレスで失礼します。

東中で話題になってたんですね。

その橋田賞というのはしりませんでした。



| あと | 2011/08/03 11:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kurayo.com/trackback/757642
トラックバック