★くらよしたうんうぉーかー★ くらよしたうんうぉーかー
倉吉ブログ*2へ

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
管理人への連絡フォーム

アクセスランキング
ARCHIVES
CATEGORIES


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 「Newオデッセイ」を見に、ホンダカーズハワイ店へ | main | 打吹山の「シイの実」を食べました >>
柿のシブを抜く話
花ブログ トラコミュ>樹木・花木・果樹
今年はけっこう柿の実が目立ちますね。
そういう年回りなのか・・・
我が家の裏庭の柿ノ木もたわわに実っています。
美味そうでしょう・・・シブガキだけどね。

わたくしが悪柿(ガキ)のころは、
連れと一緒に近所の柿の木に登ってはよく食いました。
その頃は「柿泥棒」なんて言われませんでした。
大目にみていたというか、そういうもんだという風潮でしたな。
悪ガキ連も少しは遠慮もして、大量に食ったりはしませんでしたしね。
ま、「阿吽の呼吸」ですわ。

ちょっと怖い先輩というかガキ大将がいまして、この人なかなか頭も良かった。
その先輩がある柿ノ木をさして
『これ、甘柿だわいや。』と言います。
たしかに姿かたち、色など、ほんとうにうまそうな柿ですが、
「これなーシブガキだったでないかえ。」と下級生が言います。
『そんなことないっ。絶対甘柿だいや。』
「なら、食いないな。甘かったらうちらも食うけ。」
『よっしゃ、待っとれぃ。』
先輩は手に近い枝から一個もぎとり、口の中へ・・・。

『・・・。』

『・・・。』

ちょっと必死な形相の先輩にたずねた。
「ど、どうだいな?」
『・・・。』
しばらくして、
『うーあまりうまくはないけ、おまいら食うなっ。』
下級生一同、胸をなでおろしました。

その先輩ですが、
今ではすっかりシブが抜けて、ええ味出しとられます。

前置きが長くなりましたが
↓柿のシブ抜きのやり方です。ブランデーという手もあり。
☆★☆野山散策☆★☆「渋柿の渋抜き」(やまももさん)
柿のシブ抜き-Google検索

↓いろんな倉吉情報へGo!ポチポチっとお願いします。
人気ブログランキング>地域情報>中国地方のBlogがいっぱい。 にほんブログ村 トラコミュ 倉吉へ にほんブログ村-鳥取情報満載Blogへ直行!倉吉ブロガーも増殖中です。

ところで、渋柿食ったことないって方います?
人生一度でいいから、思いっきりカジってみてください。
身動きできないほどの渋さを味わって、
歳とってからシブい味出しましょうで。
| コミュニティ・田舎の会話 | 23:56 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
■あとさん:こんばんわ。
は〜い(手を上げながら)子供の頃、渋柿と知らなく
て食べたことがあります。
あの口の中の渋さは忘れられません//(>△<;)//
あぁ、思い出しただけでも口の中が渋くなる(笑)
| yurihamako | 2008/10/28 8:47 PM |
>yurihamakoさん
でしょうでしょう、あの渋さは
経験せずして語れません。

で、yurihamakoさんのシブは抜けましたかな?
| あと | 2008/10/29 12:01 AM |
うちも食べた事あります(笑)
うちのシブが抜けるにはまだまだかかりそうですが、あとさんはどうですか?
| ぅな | 2008/10/29 6:20 PM |
>ぅなさん
はっはっは、
あと君のシブは抜けましたが
エエ味が出ませんね。
みんな渋柿体験済ませてるんだなー。
| あと | 2008/10/29 9:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kurayo.com/trackback/805267
トラックバック