★くらよしたうんうぉーかー★ くらよしたうんうぉーかー
倉吉ブログ*2へ

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
管理人への連絡フォーム

アクセスランキング
ARCHIVES
CATEGORIES


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< コシのないうどんもいいね〜あわじや@明治町 | main | 倉吉市議会議員選挙は、10月4日 >>
息を呑む素晴らしさ〜トリエンナーレ美術賞回顧展
展覧会の感想 ブログコミュニティ - 美術ブログ村
友人のI君が、
「今、倉吉博物館で倉吉トリエンナーレの回顧展をやってる。」
素晴らしいから見ておいたほうがいい。
というので行ってきました。

いやぁ、本当に素晴らしいですね。
ひとつひとつの絵画の前に立って、
呼吸が止まってしまうほどの感動的な時間を過ごしました。

倉吉トリエンナーレ美術賞は
1987年の「倉吉緑の彫刻賞」から始まり、
洋画の「前田寛治賞」、日本画の「菅楯彦大賞」と、
それぞれ3年に1度、トリエンナーレ方式で開催され今年で22年になります。

倉吉の文化度の高さを誇りうる取り組みです。
ここまで育ててこられた関係者の見識の高さと努力に敬意を表したい。

↓いろんな倉吉情報へGo!ポチポチっとお願いします。
人気ブログランキング>地域情報>中国地方のBlogがいっぱい。 にほんブログ村 トラコミュ 倉吉へ にほんブログ村-鳥取情報満載Blogへ直行!倉吉ブロガーも増殖中です。

↓どれも素晴らしい作品ばかり。
絵画、絵 ブログコミュニティ - 美術ブログ村
洋画の「前田寛治大賞」作品はどれも大作、倉吉博物館が所蔵。
今となっては大家となっておられて、手が出ないようなものばかり。
写真は大畑稔浩の油彩「漁のあと-陸に上がった舟」。
漁港の静けさ、空気の温度や湿度が感じられます。

美術の秋、ぜひ本物のアートに触れてみてください。
入館料は大人600円。

倉吉博物館特別展

開館35周年記念特別展
倉吉トリエンナーレ美術賞回顧展
会  期:平成21年9月5日(土)〜10月4日(日) 
    休館日:9/7、14、24、28
入館料:一般 600円(400円) 大学・高校生 300円(200円)
    70歳以上の方 400円

※追記
日本海新聞(2009年9月11日)9面に、
「トリエンナーレ美術賞展」に寄せて瀧悌三氏のコメントが掲載されています。
| ローカル・イベント情報 | 23:58 | comments(2) | trackbacks(1) |
コメント
私も観ました。
動物の写真展やトリックアートも悪くはないですが。そればっかりじゃ、なんだかなーと感じていました。こういう本物の絵画展をもっと企画して欲しいです。
| 本物はいいね | 2009/09/12 9:18 AM |
>本物はいいねさん
大変評価が高い展覧会のようですね。
大阪でも開催されるそうですが、
東京からもぜひ開催をとの声があるんだとか。
| あと | 2009/09/15 11:56 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kurayo.com/trackback/896150
トラックバック
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 09
今年の夏は新潟にたくさん行きました。泊まりもあれば、時間が空いたら日帰りでもまずは毎年恒例のフジロックlそれと、『大地の芸術祭』
| RATFINK | 2009/09/15 5:50 PM |