★くらよしたうんうぉーかー★ くらよしたうんうぉーかー
倉吉ブログ*2へ

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
管理人への連絡フォーム

アクセスランキング
ARCHIVES
CATEGORIES


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 3,675円のエレキギター@大人の科学マガジン | main | ・・・空よ・・・ >>
ミステイクか・・・「倉吉図書館」の設計って誰だっけな?
建築家
毎年、雪の季節になると、
玄関入り口のまん前にバリケードが・・・。

いえ、工事中じゃありません。

この玄関庇のカーブ、雪ずりが加速して、
入場者を直撃するような設計になっております。

で、この建物の設計ですが、倉吉パークスクエア全体が、
世界的に有名な建築家シーザー・ペリによるもの。
日本の大手設計会社「大建設計」も加わってはいますけどね。

なかなか洒落た風景ですね。

ま、あとでちょいと不都合があって、
このように手を加えないといけないような話、よくあることです。
特によその先生は「倉吉の積雪事情」や
「屋根からの雪の落ち方」なんてのには明るくないわけで・・・。

倉吉図書館、冬の風物詩だと思えばいいんじゃないでしょうか。
そして、そのたびにラテン系の建築家
シーザー・ペリさんの名を思い出してください。

シーザー・ペリ - Wikipedia
大建設計

↓いろんな倉吉情報へGo!ポチポチっとお願いします。
人気ブログランキング>地域情報>中国地方のBlogがいっぱい。 にほんブログ村 トラコミュ 倉吉へ にほんブログ村-鳥取情報満載Blogへ直行!倉吉ブロガーもいっぱいです。

↓バリケードの近影です。
踊る設計事務所 ブログコミュニティ - 住まいブログ村
「落雪注意」。・・・落雪って辞書になくて変換できない。

くれぐれも首の骨を折らないでください。
シーザー・ペリ大先生に損害賠償請求ってのも無理でしょうから。

↓ちょいと注目Blog
鳥取サポーター隊「CalatTo」ブログ
鳥取サポーター隊「CalatTo」は、鳥取県アンテナショップ「食のみやこ鳥取プラザ」(港区新橋)を拠点に、鳥取県産品のモニターを行い、鳥取県の新しい魅力を創り出すメンバーのことで、ここではそのメンバーの意見を紹介しています。
| ちょっと気づいたこと | 23:38 | comments(6) | trackbacks(0) |
コメント
初めて図書館で「落雪注意」を見た時、「落雷注意」って・・・こんなところに雷が落ちるんかいな?と思いましたがな(笑)
それにしても入場者に落ちるように見事に設計されていますな。さすが世界的に有名な建築家の設計は違いますな(笑)
| リキ | 2010/01/07 2:54 PM |
建築を生業としている私としても反省しなければいけませんね。まぁ私は高名な建築家ではありませんが、どうしてもデザイナ−の建築家は模型などでビジュアルや感覚で設計してしまいます。実際、設計した通りにしか出来ない行政の監督者、風土や地域の実情を知っていながら、進言できない地元の技術者の力不足もありますね。
自分の設計した建物が何十年後に雨漏れして自前で原因調査し手直しした著名な建築家や、同様に雨が漏れても設計までが自分の仕事といった高名な建築家もいました。
どちらも建築家なんですね。
| とら | 2010/01/07 10:45 PM |
元日に賀茂神社に初詣に行きましたが、お守りや破魔矢を売ってる所に参拝者が立つとちょうど雪ズリが落ちてきて何人も直撃を受けてました。
まあこれは本来想定していない場所ですので、倉吉図書館とは状況が違いますが。
設計者はともかく施工者は地元山陰の人間でしたが・・・
どうなんでしょう。
| ウサ | 2010/01/09 11:53 PM |
>リキさん
たしかにパっと見には「落雷」に見えますわな、笑。

>とらさん
いろいろ書きましたが、
このパークスクエア、全体的に名建築だと思います。
特に木製のアトリウム、
鳥取市のとりぎん文化会館や米子のビッグシップのそれに
比して大変居心地のいい空間だと思います。
図書館内部の知的な空間も素晴らしい。

ただ、未来中心アトリウムと図書館棟や飲食物販棟との
つながりがちょっと苦しい。
特に飲食物販棟がもっと近かったら売り上げにもっと貢献できただろうに・・・。

>ウサさん
はっはっは、
確かに神社の屋根の急勾配は雪が直撃ですわな。
日本古来の建築でさえこうですから、
要は自己責任「自分でよーく考えて」ってことですかね。

地元施工者も経験豊富なはずですが、
大先生には恐れ多くて進言できないのでしょうかね。

バリケードですが、どうせ設置するのなら。
もうちょいと粋なデザインを考えたらいいのに。
ピクトサインもわかりやすいものに・・・。
シーザー・ペリ先生に責任とってもらって
無料でデザインしてもらうよう市民の署名を送ったら
どうでしょう、
新しい観光名所になるかも知れません。
| あと | 2010/01/10 12:26 AM |
私もこの建物は素晴らしいと思います。雑誌「新建築」にも紹介されていましたからね。ただ言われるように地元業者の設計、施工の物産館や飲食棟、プ−ルは意匠的にも施工技術も弱い・・・。
マスタ−プランではゾ−ニングもきちんとして、導線はつながるはずだったんですがね。
確かにバリケ−ドを建築家にデザインさせるのは面白いですね。残念ながら使い物にならないかたちだけのものを作ると思いますが・・・。
| とら | 2010/01/11 11:29 PM |
>とらさん
物産飲食棟とプールは地元産でしたか
・・・なるほど納得です。

| あと | 2010/01/12 10:51 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kurayo.com/trackback/920365
トラックバック